平安まろろ

古典のお話とJUGEMの感想
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
コメントを整理しました。
JUGEMテーマ:日記・一般
久しぶりにチェックしたら、コメントに宣伝?が大量に書き込まれていたので整理しました。 もうすこし管理しないとダメねぇ。
管理の記録 | 09:43 | comments(2) | trackbacks(0)
いつの間にか・・・(汗)
 プライベートが忙しくて、古典サイトまで手が回らない状態だったので、JUGEMに借りているWeblogも放置していたら、JUGEMの管理ツールの様式が変わっていて、なんだかチンプンカンプンな状態になってしまいました。

確か、色々と変更しますよ〜、という感じのお手紙を頂いた記憶があるのですが、ここまで変わっていたとは
管理の記録 | 01:59 | comments(0) | trackbacks(0)
久しぶりに
自宅の引っ越しやら、PCの不調やら、仕事の重複やら、夏休みやらで、もう長い事ほったらかし状態になってたJUGEMのブログですが、そろそろ復活できそう。

源氏物語の千年紀プロジェクトにともなう出版物もたくさん出たので、私もいくつかGetしてますし、もう少ししたら紹介文を書くつもり。

源氏関係の高額図書は、本当は時期を待って古本屋で入手したいところだけれど、元々マニアックな層しか購入しないような内容が多いので、なかなか古本では出回らないからなぁ。
管理の記録 | 11:05 | comments(1) | trackbacks(0)
源氏物語・マンガ
源氏物語コミックアンソロジー
源氏物語コミックアンソロジー

こちらは、光文社のコミックアンソロジーシリーズの中の1冊で、6名のマンガ家によるパロディになっています。

▼ラインナップ
藤壺・岡野史佳
夕顔・関根きよ
朧月夜・ふじくら真緒
六条御息所・やぎかつみ
紫の上・春野さく
明石の君・菊池久美子

で、結果から言うと、久しぶりにトンデモナイ本が出てしまったなぁ、という感じです。
これはパロディにしても、ちょっと酷いのでは?
参加している作家さんが悪い、と言ってるのではありません。
そもそも1人あたりに割り当てられたページ数が少なすぎるのです。
内容を掘り下げることもできず、それぞれが四苦八苦しながらとりあえず纏めた感が強い気がします。

話のメインテーマ部分のみを抜粋する形式のコミックであれば、1テーマ辺りのページ数が少なくても、要約本と同じノリで表現することができると思いますが、こちらは、原典から話を広げた形のパロディーなので、中途半端に広げた風呂敷を慌しく閉めた感があって、読んでいて苦しかったです。

どうせやるなら、もう少し1テーマあたりのページ数をしっかりとって、まとまりのあるものにして欲しかったです。
源氏本・パロディ/漫画 | 16:13 | comments(0) | trackbacks(0)
源氏物語・パロディ
源氏十二宮絵巻
源氏十二宮絵巻
六道 慧

角川書店が出している子供向けレーベルの文庫で、ファンタージー風の物語り。いわゆるテーン向けライトノベルというやつです。
ストーリーは光源氏が脇役になっていて? 主人公は、光源氏の護衛を務める(笑)西洋占星術を操る陰陽師の『紅の君』・・・(汗)
源氏物語と陰陽師がミックスしてしまっているものとしては、富樫 倫太郎さんの「妖説 源氏物語」がありますが、そちらはいちよう薫君が主人公なので、光源氏が脇役になってしまっている本書とは、ちょっと趣が異なるけれど。
光源氏が脇役・・・・何度もくどく書きますが、光源氏脇役なんです。
・・・・こんな状態で、源氏物語だと言ってしまって良いのだろうか?
まぁ、パロディなので、何でもあり?

気を取り直して。本書は、源氏の君が17歳の頃の時代設定になっており、原本でいうところの、雨夜の品定めだとか、空蝉だとか、源氏の君が遊びまくっている時期のストーリーが軸になっています。
・・・斬新ついでに(笑)
雨夜の品定めには、本書の主人公『紅の君』・・加世白瑛(かせのはくえい)も参加していて、殿上人の宿直の集まりに陰陽師が仲睦まじく参加しちゃってて良いのだろうか??という部分もあるのですが・・・。
又、主人公の「紅の君」は、今上帝の皇子である源氏の君の事を「ヒカル」などと呼び捨てにしてたりするのですが・・・。
本来なら、護衛してる相手・・・つまり身分から言ってもかなり上の相手なので、「我が君」だとか、役職名だとかで呼ぶべきで、「源氏の君」だとか「ひかるの君」などと呼ぶのも憚られるはずなのですが・・・。

と、まぁ。早い話。本書は源氏物語だと思って読まない方が良いです。
陰陽師ものの若年層向けファンタジーだと割り切って読めば楽しくサラリと読む事ができると思います。
律令制度の決まり事だとかをきっぱり無視し、平安時代風のファンタジーだと割り切ってしまえば、素敵なイラストもついているので、見た目にも楽しめます。
ちなみに、ストーリーそのものは、陰陽師も好きな私には中々面白かったです。文章が軽いので、1時間弱で一気に読めてしまいました。
源氏本・パロディ/漫画 | 00:28 | comments(0) | trackbacks(0)
Powered by "JUGEM"
▲このページの先頭へ
 カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2016 >>
 新しい記事
 カテゴリー

書評の使い方の説明
足跡その他用の掲示板
カテゴリーの中身の説明
 古典の本
あらすじで読む日本の古典
あらすじで読む日本の古典 (JUGEMレビュー »)
小林 保治
【現在読書中】
あらすじを読んで満足してしまう、というのは本来どうなんだろうか?
と少し思う。でも、こうゆう本を読んで興味がわいたら、今度は専門のガイド本へ進み、次に現代語訳へ。そして最後に原文へ。と続くかもしれないので、そうゆう意味では面白いかも。
源氏物語についてはたったの10ページ。うち1ページは物語自体の紹介なので、本編については9頁だ。
うひゃぁ、すごすぎる?

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト
 月別表示
 コメント
 トラックバック
 リンク
 スポンサー

 ぷろふぃーる